【けやき坂46⇒日向坂46】ひらがなけやきがSHOWROOMで改名!理由とその影響

芸能界

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

けやき坂46こと、『ひらがなけやき』が改名を発表しました。日刊スポーツなどによると、以下のように報じています。

欅坂46の関連グループ、けやき坂46(読み:ひらがなけやき)が、「日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス)」に改名することが11日、分かった。この日、メンバーの柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒が行った動画アプリ「SHOWROOM」の配信内で、サプライズ発表された。結成後のグループの名称が変わるのは、坂道シリーズで初めて。「坂道シリーズ」4組目の単独シングルデビューとなる。

配信序盤、3月27日に待望の単独シングルデビューを果たすことが発表された。その後も3月5、6日の横浜アリーナでのデビューカウントダウンライブ開催や単独公式サイトの立ち上げなどを続々と発表。配信終盤、サプライズで改名も発表された。改名についてはメンバーも知らなかったという。

キャプテン佐々木久美が、スタッフから渡された紙を読み上げると、映像が流れ、改名が発表された。メンバー全員が絶叫し、齊藤は何度も飛び跳ね、小坂に身を預けた。「めっちゃいい!」。佐々木久美と加藤は、抱き合って涙を流した。

けやき坂46は欅坂46の関連グループ。

しかし、そのイメージはどうしても欅坂のアンダーグループ的になることも多かったようで、今回の改名はファンにとっても嬉しいことのようです。

スポンサーリンク


けやき坂46⇒日向坂46!ひらがなけやきがSHOWROOMで改名

改名が発表されたのは、SHOWROOM内での配信。上にも取り上げたように、2019年3月27日付けで待望のシングルデビューが発表された後の出来事でした。

嬉しい出来事が2つも重なり、メンバーはもちろんのことファンも歓喜しているようです。

加藤が「ずっと悩んでたよね。みんなで、しゃべってたんですよ。ずっと『ひらながけやき』のままでいいのかな、っていう。うれしくなって、頭が真っ白になった」と笑った。齊藤は「3年間やってきて、一番の夢だったんです! しかも、『日向坂46』って、ちょうかわいくない?」と低い声で叫んだ。佐々木久美は「『ひらがなけやき』というのにも愛着があったので、寂しい気持ちもあるけど、『ヒ』を使った決めポーズも引き続き使えるように、スタッフさんたちがいろいろ考えてくださったんだと思うと、すごく愛を感じます」と感謝した。

加藤は「漢字欅(欅坂)さんや、これまで応援してくださった皆さん、関係者の皆さんに感謝しています。これからは日向坂46として全力で頑張るので、どうかこれからもよろしくお願いします」と意気込んだ。齊藤は「命かけて頑張ります」と誓った。

メンバーの間でも『ひらがなけやき』のままではダメなんじゃないか・・・という葛藤はあった模様。

16年5月に結成したけやき坂46は、当初は欅坂46の2軍的存在だった。だが、見る者を幸せにする「ハッピーオーラ」を武器に、人気を獲得していった。今後は「日向坂46」にちなんで、見る者を幸せにし、さらに心を温かくする「ハッピーホット」をテーマに掲げていくという。

報道でもこのように書かれており、どうしても2軍的扱いは強かったようです。

今後、どのような特徴を持つグループに成長するのか見ものです。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ねるちゃんから始まったけやき坂、ひらがなにちなんだ曲もあるしポーズもある。けやき坂って名前に愛着もあるし今は違和感しかないけど欅坂との区別化、世間から分かってもらうためには仕方ないのかなとも思う。後名前は後で慣れてくると思う。
それより今までコツコツやってきてついにシングルデビューが叶うことが嬉しくて仕方ない。良いデビュー曲になりますように!

欅坂と日向坂、陰と陽で対照的なグループになったね。

とくに1期生は腐らずよく頑張ったと思う。
長い下積み期間を自信に変えて、これからも上を目指してほしい!

彼女たちのキャラクターにも合った良い名前だと思います。単独の番組を持ってから知ったけど、良い子達だから、わざわざ別にしたんだろうね。スタッフさん達が支持するのも分かるよ。
ぜひぜひ負けない様に頑張って欲しい!

理由とその影響

今回の改名で、『ひらがなけやき』は間違いなく、欅坂や乃木坂と肩を並べる存在になったでしょう。

イメージ的には日向坂が明るいため、欅坂とは対照的と表現するファンも多いようです。

ただ、柔らかく清楚な印象としてはすでに乃木坂がイメージを確立しているなかで、どのような差別化を図っていくのか?というのも注目されています。

以前からシングルデビューもファン待望であったため、このタイミングでの改名は予想していたファンも多かったようです。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。