【名誉棄損で告訴】韓国ユーチューバー(YouTuber)=ヤンイェウォン事件の嘘と本当

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

韓国の人気ユーチューバーであるヤンイェウォン氏がネットユーザー約100名を告訴すると発表しました。ネット各メディアによると、以下のように報じられています。

韓国ユーチューバー(YouTuber)のヤン・イェウォンが、悪質ネットユーザーおよそ100人を告訴することがわかった。

ヤン・イェウォンの法務代理人を務める弁護士は6日、メディアを通して「悪質なネットユーザー100人に対して7日、名誉棄損と侮辱容疑で告訴する。ヤン・イェウォンさんの居住地近隣の警察署に告訴状を提出する予定」と明らかにした。

ヤン・イェウォン側が問題視するネットユーザーらの内容は「操作し、殺人した」などの虚偽事実、またはヤン・イェウォンや家族に対する悪質コメントなど。
関係者は「悪質なコメントが数千件にのぼる。まず、SNSやブログに侮辱文章を書き込んだネットユーザーらが対象」とし、「悪質書き込みが犯罪であるという事実を知らせたい。金銭的賠償ではなく、真の反省と謝罪を要求する」と明かした。

日本でもポピュラーになったユーチューバーというポジション。

ユーチューバーが視聴者やユーザーをこの規模で告訴するというのは世界的に見ても前例がほとんどなく、日本国内でも注目が集まっています。


名誉棄損で告訴!韓国ユーチューバー(YouTuber)

報道によれば、ユーチューバーとして活動するヤンイェウォンさんやその家族に対して、公序良俗に反するような悪質コメントが多数寄せられているとのこと。

コメントはSNSやブログに書き込まれたもので、弁護士との協議の結果、名誉棄損罪が適用できると判断し、今回の告訴に踏み切ったようです。

日本でもユーチューバーに対する悪質コメントは目立つようになっており、いわゆるアンチコメントやアンチに対する対応を真剣に考えなくてはならない時期に来ているといえるでしょう。

今回の裁判結果によっては、日本のYouTube界にも何かしらの影響を与える可能性もあり注目が集まっているようです。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ユーチューバーだから多くの人に観て欲しい
収入も沢山欲しいから
でも悪口は許せない訴えてやる
自分に良い事しか受け付けない
そんな旨い話しあるのかな?

脅し、恐喝、女性への性的暴行その他諸々やってる
誹謗中傷は悪いことだと思うけど、自信の行動に伴った反応だと思う。

脅し、恐喝、女性への性的暴行その他諸々やってる
誹謗中傷は悪いことだと思うけど、自信の行動に伴った反応だと思う。

ヤンイェウォン事件の嘘と本当

ユーザーのコメントにもあるように、事件が起きているのが韓国ということもあって、この事件自体をでっち上げなのではないか?とする見解も多く見られます。

日本と韓国は外交問題においても、過去の事実や歴史を塗り替え、いまさらになって損害賠償を請求してくるという手法は常套手段です。企業の徴用工問題訴訟などはその典型ですね。

今回の事件も、いわゆるこの被害者ビジネスの一環なのでは?という意見もちらほら見受けられます。

今のところ真実は分かりませんが、事実であった場合には裁判の行方に注目したいところです。

スポンサードリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。