徳潤たんぽぽ茶がコロナに効果あり→逮捕 評判や社長は誰?

不正疑惑

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

たんぽぽ茶がコロナウイルスに効果があるなどと宣伝した容疑で、兵庫県の会社の代表が逮捕されました。

ネットでもこのたんぽぽ茶の存在は話題になっていたものの、コロナウイルスに効果があるという宣伝文句に疑念の声が出ていたのも事実です。

ここではコロナウイルスへの有効性を謳って逮捕された兵庫県の会社と、その製品について詳しく取り上げていきます。


徳潤たんぽぽ茶がコロナに効果あり→逮捕 社長は誰?

この件について、産経新聞などは以下のように報じています。

医薬品ではないのに「タンポポ茶が新型コロナウイルスに有効」などと宣伝したとして大阪府警は17日、医薬品医療機器法違反(未承認医薬品の広告)容疑で、タンポポ茶の製造輸入会社と販売会社それぞれの社長を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

病気への効能効果は厚生労働省が認めた医薬品しか宣伝できず、府警は4月、タンポポ茶が「新型コロナウイルスにも有効性が期待できる」などとチラシで宣伝した薬局など2店の経営者らを同容疑で書類送検。製造輸入会社など2社も捜索していた。

産経新聞の報道記事では具体的な会社名などは言及されていませんが、関西MBSの報道では会社名が公表されていました。

タンポポ茶に「新型コロナウイルスの予防効果がある」と宣伝したとして、大阪の薬局などが書類送検された事件で、お茶の輸入販売会社の代表ら2人が新たに逮捕されました。

6月17日に医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕されたのは、神戸市にあるタンポポ茶の輸入販売会社「徳潤」の代表取締役・白莉容疑者と役員・邵輝容疑者です。

この報道にある通り、たんぽぽ茶の宣伝販売で逮捕されたのは『徳潤』という会社の代表。

本社は『兵庫県神戸市中央区御幸通4丁目2-15』に所在しており、インターネットを中心に漢方関連の商品をいくつか販売しています。

徳潤の評判は?数ヶ月前にはインタビューも

今回たんぽぽ茶の違法宣伝・販売の罪で逮捕された徳潤の経営者ですが、実は数ヶ月前にインタビューにも答えていました。

その際のインタビューでは、『中国ではコロナ対策に有効として勧められている』などと主張しており、たんぽぽ茶の有効性を語っていました。

今回の一件で会社名が報じられているのは『徳潤』ですが、実質的な販売会社は晃輝株式会社。

この会社は徳潤の役員である邵輝氏が代表取締役社長を務める会社です。

報道を受けての謝罪コメントはこちら
晃輝公式ホームページ

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

販売して逮捕されたのは中国の方々ですよね。
逮捕前のインタビューでは、中国国内では効果があるからすすめていると話されていましたが。

焦らず信頼できる物を選びたいですね。

決して擁護するつもりはない。が、
本当に効果があるかもね。信じる人って、物凄い自己暗示がかかるので本当に効果が出る人も中にはいるらしい。信じることで免疫力が高まるようだ。不安や恐怖や疑いなどのストレスがあると効果が無いと聞いたことがあります。比科学的なものでも洗脳されれば、人間の持つ自己免疫が働くこともあるようだ。例えば、単純に笑うことでストレスが無くなり食欲が出て、熟睡出来るようになり、免疫力が上がるとかね。今回の場合は、薬事法違反になるでしょう。自分で飲むならOKだろう。コロナを謳い文句に販売は逮捕だろうね。そうなると、自然のものを使って販売してるサプリメントなどは本当効果があるか疑問だ。

健康食品やサプリも同じようなものだと思います。
〇〇数十個分などと歌っているが、人間がそんなに一度に大量に摂取できるわけがない。
”効果があると言われています”も十分に詐欺だと思いますがねえ。

スポンサードリンク