【0円タクシー】DeNAのMOV(モブ)のビジネスモデルって?初回スポンサーは日清どん兵衛

ビジネス

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

スマホゲームなどで一気に売上を上昇させ、今では球団をももっているDeNAが新サービスを展開します。それが『0円タクシー』。名前を聞いただけで魅力的ですが、2018年12月5日のサービス開始に伴い、話題となっています。


DeNAは12月5日、ウェスティンホテル東京にてタクシー配車アプリの事業戦略発表会を開催しました。これまで展開してきたタクシー配車アプリ「タクベル」を、12月5日から新名称「MOV(モブ)」に変更し東京都内でサービスを拡大して提供開始します。新たな移動体験を提供する取組みとして「PROGECT MOV」を始動し、その第1弾の取り組みとして乗車料金が無料になる「0円タクシー」の走行が開始されます。

「0円タクシー」は契約スポンサーと「MOV」の広告宣伝費によって乗客が支払う料金が無料になるビジネスモデル。スポンサーは「MOV」で配車できるタクシーの車体ラッピングや車内での広告を通じて自社商品の認知を広げられるとしています。さらに、試供品の提供やサービスの体験といったタクシーならでは広告展開も可能です。

「0円タクシー」の初回スポンサーは日清食品で、12月5日から都内の対象エリアで50台の運行が順次開始されます。「日清のどん兵衛 天ぷらそば」にちなんだ専用の車両ラッピングが施され、車内のタブレット端末にはプロモーション映像が流れます。12月26日から12月31日の期間限定で、利用者には「日清のどん兵衛 天ぷらそば」がプレゼントされます。

ネットニュースなどではこのように報じられており、Twitterなどでも注目度の高さがうかがえます。

スポンサーリンク


0円タクシー=DeNAのMOV(モブ)のビジネスモデルって?

冒頭に取り上げた内容にもある通り、乗車料金が無料になる仕組みとしては広告宣伝費です。

分かりやすく言えばCMをイメージするといいでしょう。

視聴者である我々はテレビを持っているだけで地上波で放送されているテレビ局の番組を無料で見ることができます。

なぜ無料で見ることができるのか?といえば、それは企業が広告(CM)を出しているから。

CMによる収益がメインとなって、タレントの出演料や番組制作費などを賄っているということです。

今回の0円タクシーMOVも同じ仕組み。特定の企業がスポンサーとなり、そのタクシーに広告を出稿することによって利用料金を目指すものです。

ネットの反応

スポンサーリンク

DeNAが展開するこの0円タクシーには賛否両論あります。

もちろん、利用料金がゼロになるという点だけを見ればメリットしかありませんが、本当にサービスとして長続きするのか?というところに疑問を持つ人は多いようです。

以下、ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

これってどうなの。採算ベースにのるのかな。
運転手は料金気にしなくてもよいけど。ある程度の距離など制限かけないと悪用する人でないのかな。

0円ってことなら、万が一遠回りされても財布は傷まないわけで、車内ではPR映像が流れるのでしょうけど、たぶん眠ります。

あと、スポンサーが絶え間なく手を挙げるくらい広告効果がないと長続きしないでしょう。

運転手の給料どうするんだろ?
固定給?

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。