牛マルキンとはどんな制度?発動に新型コロナ影響?

コラム

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

世界的に蔓延している新型コロナウイルスで、日本経済も低迷の一途をたどっています。

そんななか、政府はさまざまな経済対策を打ち出していますが、その一環として和牛の消費を促進するための商品券の配布が打ち出されました。

ただ、これに対して世論からは批判が殺到。

『和牛の消費促進をしたいのはわかるが、今じゃないだろ!』という声が多く上がっています。


和牛消費を促進するために商品券を配布か

新型コロナウイルスに関する経済対策の一環として浮上しているのが和牛の消費を促進するための商品券の配布です。

これについて、日本農業新聞などは以下のように報じています。

自民党が検討している新型コロナウイルスの感染拡大に伴う農業分野の経済対策の骨格が24日、判明した。和牛などの需要を喚起するため、購入を促す商品券を発行。肉用牛肥育経営安定交付金制度(牛マルキン)の負担金免除、花きの次期作支援、人手不足解消に向けたスマート農業の推進などを盛り込む方向だ。

党農林幹部での調整を経て、農林部会が26日にも取りまとめる。その後、同党全体で対策を集約し、政府に提言する。これを見据え、安倍晋三首相は27日に予定される2020年度予算案成立後、経済対策の財源となる補正予算案の編成をただちに指示する見通しだ。

コロナウイルスに関する経済対策には『現金給付』などが話題になっていますが、今回の商品券配布はさすがに意味不明という声が多く、ネットでも避難の嵐。

少し前に発表された『旅行代金の助成』も、自民党の二階幹事長の利権目的の対策だとして避難が殺到しました。

旅行代助成は二階俊博が発案者?利権絡みか

2020年3月23日

確かに国内の畜産は不調が続いているといわれているため、長い目で見れば必要な対策なのかも知れません。

ただ、感染拡大が続いている現時点で行う対策案としてはさすがにお粗末としか言いようがありません。

牛マルキンとはどんな制度?発動に新型コロナ影響?

今回の報道のなかでも言及されている肉用牛肥育経営安定交付金制度。通称、牛マルキンとは一体どのようなものなのでしょうか?

日本農業新聞の紙面では以下のように説明されていました。

牛マルキンの負担金免除は、肉牛農家の資金繰りを支援するもの。卒業式などの中止で需要が激減した花きは、次期作の支援、公共施設を活用したPRなども進める。

マルキンというのは畜産業を支援するための公共事業の総称であり、牛に適用されるものを牛マルキン、豚に適用されるものを豚マルキンと呼んでいます。

簡単に言えば、畜産の消費が減少し、急激な減収が進んで生産コストを割り込んだときに、経営を助けるために補助金が支給される制度です。

今回の経済対策案では、生産者が負担していた牛マルキンへの拠出を免除するというものも含まれているようです。

ちなみに、牛マルキンに関する厳密な説明は以下の農畜産業振興機構の説明を参照。

肉用牛肥育経営の収益性が悪化した場合に、生産者の拠出と機構の補助により造成した基金から粗収益と生産費との差額の9割を補てんすることにより、肉用牛肥育経営の安定を図ることを目的としています。

肉用牛経営の安定を図るため、生産者の拠出と機構の補助(生産者:機構=1:3)により基金を造成し、原則として四半期ごと(当面は月ごと)の肥育牛1頭当たり平均粗収益が平均生産費を下回った場合に、その差額分の9割が補てんされます。

出典:農畜産業振興機構

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ちょっと待て。生活が最優先だろうが!和牛を販促したいのはわかるが、日々の生活費や家賃に困っている人が多い中肉の種類にこだわっている余裕などない。商品券って…目も当てられない。

旅行代金助成、現物給付は見送りになって商品券...利権絡みなんでしょうね。
国民が危機的状況なのに、この期に及んで私利私欲に走る政治家に失望してます。

JA職員です
農政畑政治家および農業団体等、農業関係者の資質が問われるような恥ずかしい要求はやめてほしい、国難ですよ。消費減税が一番なのはわかっているくせに。忖度横行業界

スポンサードリンク