【58歳で挑戦】長松浩二(新日本)がプロレスデビュー!経歴や実力

スポーツ

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

2019年に58歳でプロレスデビューをする長松浩二氏が注目を集めています。スポーツ報知によると、以下のように報道されています。

福岡県北九州市小倉北区の造園業「長松造園」を営む長松浩二さん(58)が来年2月15日にプロレスラーとしてデビュー戦を行うことが21日までに分かった。試合は、今年7月14日にパーキンソン病のため75歳で亡くなった日米でトップレスラーとして活躍したマサ斎藤(本名・斎藤昌典)さんの追悼試合「MASA SAITO MEMORIAL~GO FOR BROKE!FOREVER!~《闘将・マサ斎藤追悼試合》」(来年2月15日、大阪市の城東KADO―YAがもよんホール)。

58歳でのデビュー戦に「年齢が年齢ですから、これが最後のチャンスだと思っています。恥をかいてもいいから、悔いが残らないように挑戦してみようと思っています」と意気込んだ。

デビューする年齢としては過去類を見ない最高齢ですが、今後どのような活躍をしてくれるのでしょうか。

今回はプロレスデビューで注目を集めている長松浩二氏を取り上げます。

スポンサーリンク


長松浩二(新日本)がプロレスデビュー

今回58歳という年齢でのプロデビューとセンセーショナルに報道されましたが、実は彼自身、若いころに新日本プロレスに入団していた経験があります。

1985年のこと、島根大学を卒業した彼は新日本プロレスのテストに合格し、見事プロ入りを果たしています。

58歳の長松さんは、福岡県北九州市出身。島根大学理学部地質学科を卒業した1985年3月に入団テストを受検し新日本プロレスに入団した。当時は、「国立大出身初のプロレスラー」として入団記者会見も行うなど話題となった。プロレスラーを志したきっかけは、当時、テレビ朝日系で毎週金曜夜8時に生中継されていた新日本プロレスのタイガーマスク、藤波辰巳(現・辰爾)らの姿に憧れたことが出発だった。

そんな憧れの舞台に立つも、就職がほかに決まっていたことや、プロレスに対して真剣になり切れていない自分自身に満足することができず、わずか三か月で退団。

その後はバイトやスポーツジムの経営をされていたようです。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回のデビュー報道に対して、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットに投稿されたユーザーの声の一部を紹介します。

この話そのものはとてもいい話、病と闘って東京五輪の聖火ランナーを目指してリハビリを続けたマサさんの不屈の闘志に通じるのかもしれない、だけどあのマサ斎藤さんの追悼記念興行でやるべきことなのかなぁ、、、

簡単に「プロレスラーは夢の1つでしたー」なんてリングに上がってるタレントとかよりはずっと好感が持てます。

怪我にだけは気をつけてください!

まだプロレスラーが高値の花だった時代に新日の入門テストに合格した人だから実力は本物。人生に悔いを残さないように頑張って下さい。

経歴や実力はどの程度?

上で取り上げたユーザーの声にもあるように、高齢ながらも実力的には申し分ないとする意見が大半です。

1985年と言えば、1年先輩に武藤や蝶野などの超実力派プロレスラーが名を連ねています。

そんな時代にプロテストに合格した彼の実力派本物でしょう。

以下、スポーツ報知に掲載された彼の経歴を簡単に掲載しておきます。

2浪して島根大学に合格し島根県警、大手鉄鋼会社などに就職の内定をもらっていたが、高校生の時に抱いたプロレスラーになりたいという思いを捨てきれず、24歳で新日本の入団テストを受検し身長179センチ、体重85キロの体格で合格。練習生として東京・野毛の合宿所での生活に入った。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。