【死因は何?】佃亮二(元福岡銀行頭取)が死去 大濠公園で事故か?経歴や嫁,子供について

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

福岡銀行の元頭取として経営手腕を発揮した佃亮二氏が死去しました。西日本新聞の報道によると、以下のように報じられています。

元福岡銀行頭取の佃亮二(つくだ・りょうじ)氏が15日、死去した。87歳。熊本県玉名市出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

福岡中央署によると、同日午前5時半ごろ、福岡市中央区の大濠公園の池で見つかり、市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。署によると、散歩中に転落した可能性があるという。

地銀としては全国的に見ても大きな福岡銀行の頭取という役職にあっただけあり、地元の人を中心に衝撃が走っているようです。

今回は突然の訃報が報じられた佃亮二氏を取り上げます。

スポンサーリンク


死因は何?佃亮二(元福岡銀行頭取)が死去

冒頭に記載した通り、福岡市内にある大濠公園の池で倒れているところを発見されました。地元警察によると、現場の状況から足を滑らせて誤って転落した可能性が高いということです。

日経新聞の報道によれば、佃氏は日ごろから毎日の散歩を日課にしており、大濠公園はその散歩ルートに含まれていたと報じています。(家族談)

大濠公園とは?

大濠公園(おおほりこうえん)は、福岡市中央区にある福岡県営の都市公園(総合公園)である。国の登録記念物となっている。また、同公園を町域とする同区の町名でもある。郵便番号は810-0051。

ちなみに、詳細な報道が流れたのは2018年11月16日の朝ですが、池で浮いているところを発見されたのは15日の朝です。

本日、11月15日(木)午前5時25分、福岡市中央区の「大濠公園」内の池に人が浮いているのを通行人が発見し、警察に通報。午前6時57分、死亡が確認された。
福岡県警によると、発見されたのは身元不明の男性の遺体。推定年齢は50~60歳前後。詳細は現在捜査中。

※毎日新聞より引用

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに投稿されたユーザーの声を一部を紹介します。

佃元頭取の自宅はこの大濠公園のすぐ近くにあるよね…。何があったんだ?

融資引きあげられた怨恨か

オーナー企業じゃないんだったら年齢的に陰謀的な話じゃなく脳卒中とか心筋梗塞とかの突然死でしょ

経歴や嫁,子供について

ご結婚はされているようですが、お子さんに関する詳しい情報は一般公開されていません。

東大卒から日本銀行を経て頭取まで行った経歴の持ち主ですので、お子さんも素晴らしい経歴をお持ちの可能性は高いでしょう。

以下、佃亮二氏の簡単な経歴を西日本新聞より引用。

佃氏は東大法学部卒業後、1955年に日銀入行。営業局長、理事を経て、89年に福銀副頭取に転じた。バブル崩壊直後の91年に頭取に就任して9年間務め、会長、相談役を歴任して2011年に退任した。

頭取時代は、住宅金融専門会社(住専)の不良債権を一括処理するため、96年3月期に福銀として初の赤字決算に踏み切り、海外支店閉鎖や国内店舗網見直しなどコスト削減に取り組んだ。いち早く不良債権処理に取り組んだことが、総資産で全国トップの地銀グループを築く基礎になった。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。