【死因は病気?】園田博之衆議院議員が死去 秘書逮捕の噂は本当か?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

衆議院議員として活躍した園田博之(そのだひろゆき)氏が死去しました。共同通信によると、以下のように報じています。

村山内閣の官房副長官や新党さきがけ幹事長、自民党政調会長代理などを歴任した自民党衆院議員の園田博之(そのだ・ひろゆき)氏=比例九州=が11日午前4時35分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。76歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う予定。喪主は長男哲也(てつや)氏と長女桂子(かつらこ)さん。

1986年の衆院選で初当選し、以来11回連続で当選。93年に自民党を離党し、武村正義氏らと新党さきがけを結成した。94年から自民、社会、さきがけの連立政権となった村山富市首相の内閣を官房副長官として支えた。

晩年まで政治家として活躍し続けた園田氏の死を惜しむ声は多いです。

今回は突然の訃報が報じられた園田博之氏を取り上げます。

スポンサーリンク


死因は病気?園田博之衆議院議員が死去

報道にもある通り、園田氏の死因は肺炎です。

東京都内の病院で息を引き取ったとのことですが、晩年まで命にかかわるような病気を患ったとの報道はありませんでした。

煙草を吸っていたのかどうかで変わってきますが、高齢者の肺炎というのはいわば老衰のようなもの。何か重篤な病気からの肺炎ではないようです。

現代には珍しい理想の政治を目指して戦ってきた政治家だけに、地元熊本の有権者を中心に悲しみの声が広がっています。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の突然の訃報を受け、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットに投稿されたユーザーの声を一部を紹介します。

ご冥福をお祈りします。
石原橋下連合で太陽は維新と合併したが、借金があったので太陽は解党できなかった。
維新分裂で太陽勢は次世代となった。園田氏が次世代から自民に復党する前に太陽に移籍した。政党助成金を得て借金を清算するために。
次世代は日本のこころを大事にすると党名変更したが、代表が二代続けて離党し結局自民に吸収された。
この経緯について園田、平沼、中山の各氏を批判するコメを投稿してきたが、批判すべきは石原慎太郎氏だった。
園田氏への批判を反省し、氏のご冥福をお祈りします。

随分、顔がやつれてしまってますね・・・。

政治には詳しくないですが
結構落ち着いた話し方してましたよね。
ご冥福をお祈り致します。

安倍首相の所属してる派閥の会長さんですね。
お悔やみ申し上げます。

秘書逮捕の噂は本当か?

実はネット上では園田氏の秘書が過去に逮捕されたという噂が流れています。

この件についてですが、ネットではよくありがちなデマの可能性が高いです。

2003年に園田氏の派閥に属していた熊本県天草市五和町の町議会議長が逮捕されたという報道はあったみたいですが、園田氏の秘書が逮捕されたという事実は見当たりません。

ただし、表に出てきていないだけという可能性もありますので、情報を持っておられる方は情報提供をしていただけますと幸いです。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。