【再逮捕】ヤングサグ(ジェフリーウィリアムズ)のファッション&wiki情報まとめ

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ヤングサグこと、ジェフリーウィリアムズ氏が逮捕されたとの一報が入ってきました。billboard誌によれば、以下のように報じています。

米ラッパーのヤング・サグ、本名ジェフリー・ウィリアムズが再び逮捕されたとピッチフォークが伝えている。米ジョージア州ディカーブ郡保安官事務所のデータベースには、2018年11月8日に予定されていた罪状認否手続き前に行われた、裁判所の指示による薬物検査に引っかかったために留置場に入れられたとの記録が残っている。

自身の地元である米ジョージア州でお尋ね者になっていたサグは、大陪審により逮捕状が出された2日後の2018年9月12日にディカーブ郡当局に出頭した。その後保釈金を支払い、2日後に釈放されていた。

彼はその1か月前の8月17日にも銃所持の重罪で逮捕されている。27歳の誕生日パーティ兼コンピレーション・アルバム『Slime Language』リスニング・イベントを米ハリウッドのDave & Bustersで開催していたところ、突然警察が押し入り逮捕された。

過去に何度も逮捕されているだけあってファンは特別驚いていないものの、世論の一部からは批判も相次いでいます。

今回は再逮捕されたヤングサグを取り上げます。

スポンサーリンク


ヤングサグ(ジェフリーウィリアムズ)が再逮捕

冒頭に記載したように、ヤングサグことジェフリーウィリアムズ氏再逮捕されました。

彼は2017年の9月にも同様の罪で逮捕されており、この時は乗っていた車のフロントガラスへの着色についても罪に問われました。

結局、このときは銃刀法違反を含め、8件の罪に問われる結果になりましたが、今回はどのような処分が下るのか注目を集めています。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の再逮捕の報道を受け、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットに書き込まれたユーザーの声を集めてみました。

アメリカ人のラッパーが薬物で捕まっても驚きゼロ。

薬に対してゆるい法律なんだな

ヤンサグ結構売れっ子だと思うんだけどな。
ただラッパーが、ドラッグ売買や銃関連で逮捕って聞くと、これぞヒップホップと納得するのがヒップホップファンな自分もいます笑

ファッション&wiki情報まとめ

独特なファッションセンスでも知られる彼。

日本でも彼のファッションセンスの高さは注目を集めています。

以下、ヤングサグ(ジェフリーウィリアムズ)の基本情報を日米双方のwikipediaからまとめておきます。

ヤング・サグ(英語: Young Thug、1991年8月16日 – )は、アメリカ合衆国アトランタ出身のラッパー、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。出生名はジェフェリー・ラマー・ウィリアムズ(英語: Jeffery Lamar Williams)。

2011年、当初自営でミックステープをリリースし始めた。2013年初頭に、ヤンクサグはグッチメインのレーベル「1017」と契約し、その年の後半には、彼のレーベルデビューミックステープ1017 Thugが絶賛された。

11人の子供の10分の1のアトランタで生まれる。当時、彼は面接官である教師の腕を折り、逮捕。彼は4年間、少年刑務所に送られました。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。