新泉南病院で新型コロナウイルス蔓延?男性医師(外科医)が週1非常勤

コラム

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

済生会有田病院に勤務していた新型コロナウイルス発症の男性外科医が、非常勤で勤務していた病院は新泉南病院であることが分かり大きな話題となっています。

新泉南病院は大阪府泉南市にあり、関西空港からほど近いところ立地している病院です。

今回は今話題となっている済生会新泉南病院について詳しく取り上げていきます。


男性医師(外科医)が週1非常勤=新泉南病院と判明

15日の昼の段階で、済生会有田病院に勤務していた外科医の男性は他県の病院にも非常勤で勤務していたことが報じられていました。

ただ、具体的な病院名やどこの県なのか?ということについては言及されておらず、ネットでもさまざまな憶測が飛び交っている状況でした。

そんななか、大阪府の吉村知事がツイッターで以下のように投稿。

この投稿から、男性医師が非常勤で勤務していたのは大阪府にある済生会新泉南病院であることが判明。

その直後、朝日新聞デジタルなどでも以下のように報じられています。

13日に新型コロナウイルスに感染が確認された済生会有田病院(和歌山県湯浅町)の50代の男性外科医について、大阪府は15日、済生会新泉南病院(同府泉南市)にも週1回、非常勤で勤務していたと発表した。

府は勤務日や勤務時間を明らかにしていない。外科医と接触歴があった病院スタッフは、15日からの勤務を自粛しているという。

新泉南病院で新型コロナウイルス蔓延?

済生会新泉南病院は、大阪府泉南市りんくう南浜にある民間病院。

関西空港から6.5キロほどの距離にあり、人の往来が多い地域であることでも知られています。

今回の新型コロナウイルスは中国武漢市が発祥とされていますので、中国人観光客などと接触していた可能性も示唆されています。

2月15日16:30現在、新泉南病院の公式HPはアクセスが集中しており、サーバーダウンしています。

新泉南病院の公式HP(サーバーダウンでアクセス不可)

ちなみに、関空といえば、新型コロナウイルスが流行した初期の段階で以下のような噂も拡散されていました。

関西空港の新型肺炎(コロナウイルス)逃亡は本当orデマ?情報元はどこで誰?

2020年1月24日

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

新泉南病院は関空と目と鼻の先。こちらの病院のほうが和歌山より遥かに蔓延してると予想。

和歌山で新型肺炎を発症した医師が、非常勤として週1で府内の新泉南病院で勤務していたみたいね。 そしてこの病院は中国人の医療ツアーをしていたみたい。 感染経路は必ずあるよ。

とりま、新泉南病院での感染者ないことを祈る まあ、時間の問題で出てくるだろが、心の準備が、ぼやっと観戦していてると、突然の王手、それもあんたの番やで、、なんて嫌だ!

スポンサードリンク