徳島コロナ上陸しました女性医師は誰で名前facebook特定?デマ情報拡散

不祥事

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

世界での感染者数が3万人に迫る勢いで、日本でも感染拡大が懸念されている新型肺炎コロナウイルス。

この件で、2020年2月4日に徳島県の女性医師がデマ情報を拡散したとして大きな話題に。

今回は徳島の住民を混乱させたデマ情報の発信元について詳しく掘り下げていきます。


2月4日に女性医師が『徳島コロナ上陸しました』とデマ情報を拡散

今回の件について、地元ローカルの徳島新聞などは以下のように報じています。

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に不安が高まる中、徳島県内で感染者が出たとの誤情報を徳島市の女性医師が会員制交流サイト(SNS)に投稿した。既に拡散されており、県は冷静な対応を呼び掛けている。

医師は4日午後、フェイスブックに「徳島コロナ上陸しました」「犯人は中国人夫婦だそうで」「ばらまかれてます」などと書き込んだ。

4日中に削除されたものの、投稿内容への不安や発信元に対する疑念の声がネット上に拡散。県立中央病院などの医療機関や県に問い合わせが相次いだ。

県感染症・疾病対策室によると、感染疑い例を含め県内で感染者は確認されていない。

報道にある通り、女性医師はFacebook上に徳島県でのコロナウイルスの感染者発覚という情報を投稿。

この情報を見た徳島県の住民は医療機関などに問い合わせを行い、一時混乱をきたしたとのことです。

地元住民はマスコミの取材に対して『医療従事者の行動として考えられない』といった声が上がっており、強い憤りを感じている人も多いようです。

デマ情報拡散の女性医師は誰で名前やfacebook特定?

女性医師の投稿を振り返ってみると、『犯人は中国人』などという言葉を使っており、悪意を持って書き込まれたものであることが見受けられます。

ネット掲示板などではこの女性医師の特定活動が行われており、謝罪を要求する声も多く上がっています。

投稿自体は4日中に削除されたとのことで、Facebookから女性医師を特定することはできません。

ただ、Twitter界隈では、この投稿を見たという人の証言が書き込まれています。

そのなかには、この女医と見られる人物に言及する投稿も存在しています。

当該女性医師と思われる人物がコメントされたTweet

しかし、この情報が100%正しいという確証は現時点では得られていません。

そのため、不用意に当該人物を叩くのは避けるべきでしょう。

実際、当該人物と思われる女性医師の名前で検索をかけてみると、公式ページやFacebookページなどが上位に出てきます。

ただ、そのいずれもリンク切れやパスワードロックなどでアクセス不能となっています。(2020年2月6日現在)

ネット掲示板では『デマとは思えない』とのコメント多数?

出典:徳島県HP

今回の件については、ネット掲示板でも大きな議論となっています。

大手ネット掲示板などでは、『初期の武漢みたいになってきた』『医師がデマを吐くとは思えない』『なんかガチな匂いがする』などといったコメントが多数投稿されています。


確かに、医師が自分の立場を危うくしてまで、こんなリスキーな発言をネット上でする必要は見当たりません。

ただ、あくまでも2020年2月6日時点では、『感染者はいない』というのが正式な発表です。

SARSが流行した当時の中国の初期対応で、隠蔽があったことから、どうしても公式発表を疑いたくなります。

しかし、現在の日本で意図的な隠蔽を行う大きなメリットは見当たらないことから、徳島県が公表している公式見解の信憑性は高いと思われます。

ネットの反応

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

情報を共有しようとした上での単純なミスではないでしょう。
「犯人」などという言葉を使い、憎悪を煽ることを企図する悪質な行為です。

誤情報の拡散は良くないけど、感染力も強く潜伏期間も長い。
未だに中国人がどんどん入国していることを考えるとすでに日本中に広がっているかもね。

難病の人なんて沢山いるし、だからと言って紛らわしい誤情報を広めていい訳ない。
しかも内容は完全にヘイト。
大勢でマナーもなく押し寄せる人達にどうかと思う事もあるが医師としてこれは完全にアウトなんではないか。
医師として正義と咳人を貫いて全う出来ないのであれば暫く治療に専任した方がいいよ。
休息が必要なんじゃない?
この医師の診察は受けたくないよ。

スポンサードリンク