【死因は病気?】ウィリーマッコビー(ジャイアンツ)が死去 妻や子供はいる?

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

1960年代にメジャーリーグのサンフランシスコジャイアンツで活躍したウィリーマッコビー氏が死去しました。この件について、スポニチアネックスは以下のように報道しています。

大リーグ元ジャイアンツのスラッガーだったウィリー・マッコビー氏が10月31日に死去。80歳だった。球団側が公表したもので、死因は明らかにされていないが「闘病生活を終えての穏やかな最期だった」とされている。

マッコビー氏は1959年7月30日にジャイアンツでメジャー・デビューを果たし、52試合の出場ながら打率・354、13本塁打をマークして新人王に輝いた。ジャイアンツでの19シーズンを含め、メジャーでは22シーズン在籍して2588試合に出場。通算打率は・270、本塁打は歴代21位に並ぶ521本だった。

エステラ夫人は「彼は私にとって夫であり親友でした。すべての日々が思い出されます。彼なしの人生はこれまでとは同じではありません」とコメント。なおジャイアンツ側では追悼セレモニーを行うとしている。

今回は突然の訃報が報じられたメジャーリーガー・ウィリーマッコビー氏について取り上げます。

スポンサーリンク


死因は病気?ウィリーマッコビーが死去

報道にある通り、ウィリーマッコビー氏の死因は明らかにされていません。

今のところわかっているのは、スタンフォード病院で死去したということです。

また、2017年ごろから足が不自由で健康状態も悪かったということも報道されています。

海外の一部メディアでは、感染症により入院したということも報道されており、詳細は不明ながらもこの感染症が直接的な死因に影響している可能性は高いでしょう。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回の突然の訃報を受けて、野球ファンはどのように反応しているのでしょうか?

ネットユーザーの一部の声を紹介します。

息の長かった4ディケードプレーヤー。お悔やみ申し上げます。

マッシー村上さんの自伝にマッコビーの家に招待されたエピソードあったな、白人地域で家を買おうとしたら反対されたと教えてくれて、こんなスターでも差別にあうのかと驚いたとか書いてたな、今でも変わらないねサンフランシスコ

ウィリー・マッコビー氏のご冥福をお祈りいたします。

妻や子供はいる?

ウィリー・マッコビー氏は1964年に1度目の結婚をしています。

当時の妻については詳しいことは報道されていませんが、カレンという女性であることはわかっており、2人の間には娘が1人います。

しかし、結婚生活は長く続かず、1966年には離婚。

その後、女性関係についてはほとんど報じられていませんでしたが、2018年8月に再婚をしています。

今回コメントを発表している妻がその人で、エステラ・ベハールという女性です。

報道によれば長年交際していたそうで、結婚直後の死に大きなショックを受けていることでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。