【wiki翻訳】チリーゴンザレスの来日情報 youtube動画まとめ(オルガノライブ)

アーティスト

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

天才音楽家チリーゴンザレスをテーマにしたドキュメンタリー映画が注目されています。映画関連情報サイト『映画.com』では以下のように報じています。

ダフト・パンク、ビョーク、ジェーン・バーキンらが心酔する“狂気の天才音楽家”チリー・ゴンザレスに迫ったドキュメンタリー映画「黙ってピアノを弾いてくれ」のメインビジュアルと予告編が、このほど完成した。映像は、ゴンザレスのエキセントリックかつ予測不能な言動と、それとは裏腹の繊細な演奏技術の一端を収めている。

ソロアーティストパフォーマンスのギネス記録も保持しているチリーゴンザレス。日本ではまだまだ知られていませんが、一部には熱狂的なファンもいます。

ここではその一部のファンのためにチリーゴンザレスの情報を日本語で分かりやすくまとめました。また、演奏動画も一覧でまとめています。

スポンサーリンク


チリーゴンザレスのwiki情報

日本ではまだまだ無名だからか、探してもチリーゴンザレスのwikipedia情報は出てきません。ということで、海外サイトから分かりやすく要点をかいつまんで日本語訳してみました。

Chilly Gonzales(1972年3月20日生まれ)として知られているJason Charles Beckは、グラミー賞を受賞したカナダのミュージシャン。現在ドイツのケルンに拠点を置き、数年前からパリに住んでいた。

チリーゴンザレスという名前で活動していますが、本名はJason Charles Beck(ジェイソンチャールズベック)なんですね。

出生については以下のように記載されています。

ゴンザレスは、第二次世界大戦中にハンガリーから逃亡しなければならなかったアシュケナージユダヤ人の息子です。ゴンザレスは、兄のクリスがレッスンを受け始めた3歳の時にピアノを教え始めました。ゴンザレスはカナダのオンタリオ州トロントにあるクレセントスクールを卒業しました。

クレセントスクールは1913年から続く名門校で、カナダ国内の優秀な教育指導を行っている教育機関に送られる首相賞最優秀賞をはじめ、さまざまな賞を受賞している学校です。

彼の代名詞的存在にもなったソロピアノは2004年にリリースされたものです。

2004年には、インストゥルメンタル・ソロ・ピアノのアルバムをリリースしました。公衆と評論家の両方から高い評価を得て、彼の新しい世界観の始まりになった。 ソロ・ピアノは現在でもゴンザレスのベストセラーアルバムとなっています。

チリーゴンザレスの来日情報

スポンサーリンク

チリーゴンザレスは2012年~2013年の頃、度々来日公演を行っていたのですが、近年は来日していないようです。

記憶に新しいのは2013年の来日公演中止。このとき、チリーゴンザレスは耳の病気が発症し、やむなく来日を中止せざるを得ませんでした。

誠に残念ですが、2月20日(水)にル テアトル銀座by PARCOにて予定しておりましたチリー・ゴンザレス来日公演の中止のお知らせをしなければならなくなりました。急性中耳炎の発症という診断結果に基づき、ヨーロッパから日本への長時間のフライト移動にドクターストップがかかってしまったことがその理由です。

これ以降、日本での来日公演情報はありません。

2018年現在でもっとも直近の公演情報はトロントのマッセイホールで今年行われた『穏やかな脅威』という公演でしょう。

youtube動画まとめ

チリーゴンザレスの美しき演奏動画をまとめておきました。

Chilly Gonzales – Composing Solo Piano II – Part 1

Chilly Gonzales performs “Solo Piano 2” for The Line of Best Fit

Chilly Gonzales – Oregano – Acoustic Session by “Bruxelles Ma Belle”

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。