【逮捕】レニーダイクストラ(MLB,野球)が禁固10年?元メッツ→フィリーズのスター選手

海外

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

複数の犯罪に関与した疑いで元MLBのスター選手=レニーダイクストラが逮捕、起訴されました。メディアの報道によると、最長で10年の禁固刑になる可能性があると指摘しています。full-countでは以下のように報道。

薬物所持や脅迫の容疑で起訴されている元MLB選手のレニー・ダイクストラ氏が、最長10年間の禁固刑となる可能性があると米メディアが報じている。メッツとフィリーズで活躍し、オールスターにも3度出場している元スター選手は、現役時代からトラブルメーカーとして有名。引退後も多くの犯罪を繰り返している。

ダイクストラ氏はメッツ、フィリーズで12シーズン活躍。最多安打を2度マークしており、通算1298安打を放っている。オールスターにも1990、94、95年と3度出場し、93年には打撃のベストナインにあたるシルバースラッガー賞にも輝いた。

だが、現役時代の91年にはシーズン中の飲酒運転で事故を起こすなど、トラブルメーカーとして有名。2007年に発表された「ミッチェル・レポート」で、禁止薬物を使用していたことも明らかになっている。さらに、引退後は窃盗や書類偽造、資産隠蔽などで禁固刑も受けてきた。

報道にある通り、現役時代からさまざまなトラブルを引き起こしてきたレニーダイクストラ氏ですが、今回こそは表舞台から追放される可能性があります。

スポンサーリンク


レニーダイクストラ(MLB,野球)が逮捕で禁固10年の可能性

今回の逮捕&起訴は2018年に入ってから発覚した複数の事件に関するものです。

報道によると、2件の違法薬物と2018年5月に発生したUber(アメリカ版タクシー)の運転手に対する脅迫容疑があるとのこと。

また、すべての事件で有罪判決が下れば、最長禁固10年の可能性もあるとしており、元メジャーリーグのスター選手としては異例の末路をたどることになりそうです。

ネットの反応

スポンサーリンク

当時のファンの間でも、レニーダイクストラ選手に関する一連の報道は大きく広まっています。

SNSを中心に寄せられたネットの声を一部みていきましょう。

当時からヤバいと思っていたが、本当にやばかったな

海外のスター選手で飲酒運転とかは結構ある
でも、詐欺や脅迫にまでいっちゃうとちょっと手に負えないよね。
過去にも有罪判決下っているらしいから、今回も長期の禁固刑は避けられないだろう

うわぁ。。。
当時から結構好きな選手だっただけにショック

元メッツ→フィリーズの過去

若い世代の人はあまりなじみのない選手かもしれませんが、1980年代のメジャーリーグでは結構名の知れた選手でした。

彼が注目され始めるきっかけになったのが1986年。当時ニューヨークメッツに所属していた彼は、147試合に出場し、打率.295、8本塁打、31盗塁を記録しました。

シーズン中の打順変更はあったものの、基本的には一番打者として起用され、攻走守揃ったバランスのいい選手として人気を集めていました。

彼の功績は今でも語り継がれており、当時連敗中であったメッツがスランプから抜け出せたのはレニーダイクストラ選手のおかげだとも言われています。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。