【死因=白血病】スコットウィルソンが死去 若い頃の画像は?

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

ウォーキングデッドなどで知られるアメリカの俳優スコットウィルソンが死去しました。アメリカ版エンタメ情報誌IGNによれば以下のように報じています。

The Walking Dead star Scott Wilson has died at the age of 76, IGN has confirmed
(ウォーキング・デッドのスター・スコット・ウィルソンが76歳で死去した。)

Wilson’s agent provided the following statement to IGN: “With regret, I can confirm that my friend and client Scott Wilson passed away at his home in LA earlier today, due to complications from Leukemia. Scott was one of the most genuine, inspirational, and truly beloved people. His amazing legacy will live on through his timeless performances. He will be missed deeply by his wife, family, and friends.”
(ウィルソン氏の代理人は、IGNに次のような声明を発表した。「私の友人であり顧客であるスコット・ウィルソン氏が、白血病の合併症のためにLAの自宅で亡くなりました。彼の驚くべき遺産は時代を超越した公演を通じて生き残り、妻、家族、友人たちに深く愛されていました。」

以前から白血病を患い、闘病生活を送っていた彼ですが、ここにきて突然の訃報が報じられました。

日本でもファンの多いウォーキングデッド出演者だけあって、国内でも悲しみの声が広がっています。

スポンサーリンク


死因=白血病 スコットウィルソンが死去

国内メディアでは詳しく報じられていませんが、スコットウィルソン氏の死因は白血病に伴う合併症です。

アメリカ国内では白血病の治療をしていることが一部で話題になっていましたが、詳しい病状やいつごろから治療を始めたのかなどの情報は表に出てきていませんでした。

しかし、映画では2007年のThe Heartbreak Kid(ライラにお手あげ)、ドラマでは2013年のウォーキング・デッドを最後に表舞台での活躍が遠ざかっていました。このことから、2015年くらいから闘病生活が始まったのではないか?ともうわさされています。

ネットの反応

スポンサーリンク

今回のスコットウィルソン氏の訃報を受けて、世間はどのように反応しているのでしょうか。

ネットを中心に寄せられたファンの声を一部紹介します。

まじかよ
ウォーキング・デッドで結構好きだったハーシェル役のスコット・ウィルソン亡くなったの!?

スコットウィルソン亡くなったの、、、信じられない

TWDのハーシェル役スコット・ウィルソンがお亡くなりになったそうです。以前オハイオ州のコミコンに参加した際には、日本から来たことを伝えると、ラストサムライの撮影のことなど気さくに話してくれました。写真はその時サイン。最近はBOSCHシーズン1などにも出演していました。残念です。

若い頃の画像や出演作品

スコットウィルソン氏は主役級の俳優ではなかったものの、アメリカでは名バイプレイヤーとして知られる俳優でした。

その俳優歴は50年以上に上り、一般的にはあまり知られていない作品も含めると出演作品は無数にあります。

代表作のなかでもっとも古い映画は日本でも公開されたIn the Heat of the Night『夜の大捜査線』という映画。1967年の作品です。

このなかで、彼はハーヴェイ役を演じ、日本でも認知されるようになりました。

このほかにも、若い頃の出演作品としては同じく1967年公開のIn Cold Blood(冷血)や1972年公開のThe New Centurions(センチュリアン)などがあります。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。