【死因は病気?】シャルルアズナブールが死去 代表曲とシャアアズナブルの由来

訃報

こんにちは!Buzz Fixer編集部の吉井です。

フランス出身のシャンソン歌手であるシャルルアズナブールが死去しました。デイリーによれば以下のように報じています。

フランスを代表するシャンソン歌手で日本でも人気を博したシャルル・アズナブールさんが亡くなった。94歳だった。「LE FIGARO」などフランスのメディアが一斉に報じた。

アルメニア系移民の子としてパリに生まれ、80年以上の輝かしいキャリアで知られるフランスを代表する国民的歌手。17年にはハリウッドの「ウオーク・オブ・フェイム」入りを果たしている。

フィガロ紙によると、結婚歴は3回で6人の子供をもうけた。現在の妻とは50年以上の結婚生活になるという。

フランスメディアの報道に準じて、日本メディアでも速報で報じており、世界中から悲しみの声が上がっています。

今回は訃報が報じられたシャルルアズナブール氏を取り上げます。

スポンサーリンク


死因は病気?シャルルアズナブールが死去

時事通信や日本各メディアがシャルルアズナブール氏の訃報を速報で報じているものの、死因については明言されていません。

そこで、フランスの情報誌をいくつか調査してみましたが、いずれも死因については明らかにされていませんでした。

現在分かっている情報は、南仏プロバンス地方にある自宅で死去したこと。享年94歳であるということです。

年齢的にはかなりの高齢ではありますが、2018年9月にも日本に来日し公演を行っていただけに、日本のファンとしてもショックでしょう。

詳しい死因などについては、正確な情報が公開され次第追記いたします。

訃報を受けてのネットの反応

今回の訃報を受けて、SNSを中心に書き込まれたネットの反応を一部紹介します。

先月来日公演したばかりだったので、ウソかと思いました。
ご冥福をお祈りいたします。

イブ モンタンやシャルル アズナブールは60年代最も人気があったな。わしは聞かなかったけど。わしはもっと後のアダモとか、ダニエル ビダルとか、フランス ギャルだったな。

つい先月来日公演していただけに突然の訃報に驚き。
イブ・モンタンと双璧をなすアズナブールの死で一つの時代が終わった感もある。

代表曲とシャアアズナブルの由来

スポンサーリンク

シャルルアズナブール氏といえば、機動戦士ガンダムに出てくるシャアアズナブルの名前の由来にもなった人物として有名です。

なんでも、ガンダムの産みの親である富野由悠季監督がシャルルアズナブールの大ファンで、シャアアズナブルの名前をもらったとのことです。

また、彼の代表曲としては以下のようなものがあります。

・愛のために死す(炎の恋) Mourir d’aimer – アンドレ・カイヤット監督の同名の映画にインスパイアされて製作。日本封切時にはこの曲が主題歌に使われた。
・アヴェ・マリア Ave Maria
・イザベル Isabelle
・生命にかけて Sur ma vie
・想い出の瞳 Et pourtant
・想い出をみつめて Mes emmerdes
・帰り来ぬ青春 Hier encore – ロバート・アルドリッチ監督、バート・レイノルズとカトリーヌ・ドヌーヴ主演のアメリカ映画『ハッスル』(Hustle, 1975年)の挿入歌として使用された。
・哀しみのヴェニス Que c’est triste Venise
・希望に満ちて Je m’voyais déjà
・声のない恋 Mon emouvant amour
・コメディアン Les comédiens
・じっとこうして Reste
・ジュザベル Jezebel
・青春という宝 Sa jeunesse
・世界の果て Emmenez-moi
・遠い想い出 Non, je n’ai rien oublié
・人々の言うように Comme ils disent
・フォー・ミー・フォーミダーブル For me formidable
・二つのギター Les deux guitares
・昔かたぎの恋 Les plaisirs démodés
・ラ・ボエーム La bohême
・ラ・マンマ La mamma
・私は旅する Je voyage
・私は一人片隅で Et moi dans mon coin
・酔いしれて
・忘れじのおもかげ(シー) She – イギリスの連続TVドラマ「女の七つの顔」のために作られ、その後さらにエルヴィス・コステロがカバーし映画『ノッティングヒルの恋人』の主題歌としてリバイバル・ヒット、また仏語詞が後で付けられている(Tous Les Visages De L’amour)。

スポンサーリンク

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!
当サイトでは好奇心をくすぐり、ためになる情報を事実に基づき発信しています。
是非ブックマークやTwitter、シェアボタンの方を押していただけますと幸いです。ほかの記事も是非お楽しみください。